[学術論文] 

1.視線の動きを用いたテレビ画像の分析、テレビ学会、40巻2号pp.121-128 1986年2月 共著 福田忠彦

2.画像における注視点の定義と画像分析への応用、電子情報通信学会誌、J69-D巻9号pp.1335-1342 1986年9月 共著 福田忠彦

3.Quantitative Evaluation of Eye Movements as Judged by Sight-Line Displacements, SMPTE  Journal, Vol.95, No.12 pp.1230-1241 1986  T.Fukuda

4.眼球運動による文章作成・周辺機器制御装置、電子情報通信学会誌、J69-D巻7号pp.1103-1107 1986年7月 共著 福田忠彦

5.Eye Word Processor (EWP) and Peripheral Controller for the ALS Patient, IEE Proceedings  A, Vol.134, No.4 pp.328-330 1987 T.Fukuda

6.Development of a Real-Time Analyser for Depth Perception Using Convergence, Proceedings of SID, Vol.28, No.3 pp.263-267 1987 T.Hasegawa, H.Isono, M.Yasuda

7.Definition of Gazing Point for Picture Analysis and its applications, Systems and Computers in Japan, Vol.18, No.8. 1987  Tadahiko Fukuda

8.アルツハイマー病、多発梗塞性痴呆の神経心理学的検討とイメージング、第83回日本精神神経学会総会シンポジウムⅣ「老年期痴呆研究のストラテジー」、精神神経学雑誌、第89巻、第9号、pp.713-732(1987) 共著 藤井充、深津亮、高畑直彦、高橋貞一郎、森田和夫、秋野実

9.Alzheimer病の神経心理学的研究-vision analyzerによる視覚認識過程の検討、第85回日本精神神経学会総会シンポジウムⅡ「老年期痴呆研究のストラテジー」、精神神経学雑誌、第91巻、第10号、pp.760-769(1989) 共著 藤井充、深津亮、相澤裕二、小林幹穂、高畑直彦、福田忠彦、村上新治

10.大画面ディスプレイから受ける心理効果の客観的評価に関する基礎的検討―頭と眼の動きの相互関係について テレビ学会論文誌、43巻7号pp.714-722 1989 共著 福田忠彦

11.Cognitive Disturbances in Visual Information Processing in Alzheimer’s Disease: Analysis by Means of Vision Analyzer, Vision, Memory, and the Temporal Lobe, Elsevier Science Publishing Co. 179-185(1990)  Mitsuru Fujii, Ryo Fukatsu, Yuji Aizawa, Naohiko Takahata, Tadahiko Fukuda, Shinji Murakami

12.A New Sight-line Displacements Analyser and Its Application to TV Program Production SMPTE Journal,  Vol.99, No.1 pp.16-26 1990 T.Fukuda

13.Development of an Eye Movement Analyzer Possessing Functions for Wireless Transmission and Auto Calibration, Medical and Biological Engineering & Computing,28,pp.317-324 1990  T.Fukuda, M.Hirota

14.運動視差利得を変化させた時の視覚効果、電子情報通信学会誌、J73-D-Ⅱ巻2号 pp.224-231 1990年2月

15.固視微動のドリフト成分のフラクタル次元、テレビジョン学会誌、Vol.45, No.2, 66, pp.244-246(1991) 吉松浩

16.スポーツ映像の視点、Japanese Journal of Sports Sciences, 第10回、第3号、pp.180-184(1991)

17.痴呆症の診断に眼球運動の検査、臨床検査、医学書院、第36巻第13号pp.1377-1379(1992) 共著 藤井充、深津亮、高畑直彦

18.2次元平面上の視標を注視させたときの頭部運動と眼球運動の協調関係の分析、電子情報通信学会誌、J75-D-Ⅱ巻5号 pp.971-981 1992年5月 単著

19.時分割立体画像融合時の片眼運動刺激に対する両眼眼球運動測定、テレビ学会論文誌、46巻8号pp.1025-1035 (1992)  共著 魚森謙也

20.Analysis of Head Movement in the Depth Direction and Vergence Eye Movement, IEICE Trans. Fundamentals, Vol. E75-A, No.12, pp.1768-1773,December 1992

21.多人数両眼眼球運動分析装置とこれを用いたハイビジョン立体画像の視線分析、テレビ学会論文誌、47巻5号 pp.722-731 (1993) 共著 魚森謙也、本郷仁志

22.痴呆と頭頂葉病変:視空間障害と眼球運動異常、Dementia, Vol.7, No.4, Autumn, pp.310-319(1993) 共著 藤井充、深津亮、村上新治、魚森謙也、吉松浩、本郷仁志、高畑直彦

23.眼の動きと痴呆-アルツハイマー型の特徴-、治療、Vol.75, No.1,南山堂(1993) 共著 藤井充、深津亮、高畑直彦

24.頭部・眼球協調運動の年齢による変化の分析、Progress in Human Interface, Vol.2, pp.27-34(1993)

25.Analysis of Gaze Shift in Depth in Alzheimer’s Disease Patients, IEICE Trans. Inf. & Syst., Vol. E76-D, No.8, pp.963-973, August 1993 , Kenya Uomori, Shinji Murakami, Mitsuru Fujii,  Hiroshi Yoshimatsu, Norihito Nakano ,Hitoshi Hongo , Jiro Miyazawa, Keiichi Ueno, Ryo Fukatsu, Naohiko Takahata

26.Analysis of Head and Eye Coordination in Patients with Alzheimer’s Disease, IEICE Trans. Inf. & Syst., Vol. E77-D, No.6, pp.705-719,June 1994 ,Mitsuru Fujii, Hitoshi Hongo, Shinji Murakami, Norihito Nakano, Kenya Uomori, Kumiko Utsumi, Hiroshi Yoshimatsu, Jiro Miyazawa, Keiichi Ueno, Ryo Fukatsu, Naohiko Takahata

27.Head and Eye Coordination Analysis and a New Gaze Analyzer Developed for this Purpose, Visual and Oculomotor Functions, Eds; G. d’Ydewalle and J. Van Rensbergen, Elsevier Science B.V., pp.423-434 (1994)

28.Binocular Eye Movements while showing a Moving Stimulus to one eye only, Visual and Oculomotor Functions, Eds; G. d’Ydewalle and J. Van Rensbergen, Elsevier Science B.V., pp.169-183 (1994)  ,Kenya Uomori

29.注視点マスキング法による視覚探索能力の解析、 Progress in Human Interface, Vol.2, pp.49-56(1993) 共著 本郷仁志

30. リムオクルージョンに誘発される両眼の注視位置の変化、テレビ学会論文誌、47巻8号 pp.1115-1122 (1993) 共著 工藤博章、魚森謙也、大西昇、杉江昇

31.リム注視時の両眼の注視位置の分布-円柱の上面が見えるとき-、テレビ学会論文誌、48巻6号 pp.717-726 (1994) 共著 工藤博章、魚森謙也、大西昇、杉江昇

32.ハイビジョン立体画像観察時の瞬目に関する分析、テレビジョン学会誌、Vol.49,No.8, pp.1032-1041(1995) 共著 石山邦彦、磯野春雄

33.スタジオ番組におけるカメラワークとカメラマン視線の分析、テレビ学会論文誌、49巻8号 pp.1023-1031(1995) 共著 加藤大一郎、阿部一雄

34.被写体を追尾撮影時の放送カメラマンのカメラワーク特性分析、テレビ学会論文誌、50巻12号pp.1941-1948(1996) 共著 加藤大一郎、阿部一雄、石川秋男、尾幡昌芳

35.Analysis of the Camerawork of Broadcasting Cameraman, SMPTE Journal, Vol.106, No.2 pp.108-116 (1997) D.Kato, K,Abe, A.Ishikawa,M.Obata

36.画質の主観評価における眼球運動の分析、映像情報メディア学会誌、Vol.51, No.11, pp.1915-1926 (1997) 共著 成田長人

37.放送カメラマンのズーミング計測法の検討と静止している被写体を撮影するときのズーミング解析、映像情報メディア学会誌、Vol.53, No.5, pp.749-757(1999) 共著 石川秋男、加藤大一郎、津田貴生、福島宏、下田茂、阿部一雄

38.カメラワーク分析と映像の主観評価実験、映像情報メディア学会誌、Vol.53, No.9, pp.1315-1324 (1999) 共著 加藤大一郎、石川秋男、津田貴生、福島宏

39.インテグラルフォトグラフィの撮影時におけるフォーカスに関する検討、映像情報メディア学会論文誌、55巻5号 pp.678-687 (2001) 共著 洗井淳、星野春男、岡野文男

40.画素構造をもつ空間光変調素子による高次回折光を用いたホログラフィの視域拡大、映像情報メディア学会論文誌、55巻5号 pp.688-695 (2001) 共著 三科智之、岡野文男.

41  Accuracy of Smooth Pursuit Eye Movement and Perception Rate of a False  Contour While Pursuing a Rapidly Moving Image、Yusuke HORIE  Yuta KAWAMURA  Akiyuki SEITA  Mitsuho YAMADA IEICE TRANSACTIONS on Fundamentals of Electronics, Communications and Computer Sciences  Vol.E94-A No.2  pp.542-547

42.The Infuluence on Human of Long Hours of Viewing 3D Movies,Yuta Kawamura, Yusuke Horie, Keisuke Sano, Hiroya Kodama, Naoki Tsunoda, Yuki Shibuta, Yuki Kawachi, Mitsuho Tamada, VOL.E95-A, NO.8 AUGUST 2012, pp.1306-1309

43 2D映画と3D映画視聴時における輻輳眼球運動、SSQ,CFFの分析,川村祐太, 佐野啓介, 小玉博也,角田尚貴,渋田優輝,河内祐樹,堀江悠介,山田光穗、東海大学情報通信学部紀要、2012、No.2 

44 Investigation of the Influence of Display Type on Smooth Pursuit Eye Movement when Viewing a Moving Image、Yusuke HORIE, Yuta KAWAMURA, Akiyuki SEITA and Mitsuho YAMADA、東海大学情報通信学部紀要、Vol.3, NO.3, pp.13-18  ,2010

45小型電子端末を用いた読書時の眼球運動と頭部運動の解析,新川達矢,山田和平,山田光穗 東海大学情報通信学部紀要,2012,Vol.5,No2.

46 3D映画に付加された字幕の眼球運動特性、小玉博也、佐野 啓介,堀江 悠介,角田 尚貴,渋田 優輝,河内 祐樹,山田 光穗,東海大学情報通信学部紀要,2012, Vol.5, No.2

47 口唇特徴点動作のパワースペクトルの相関を用いた非発声の発話認識手法の可能性に関する検討、齋藤 翼,大城 政人,尾上 拓,笠原 篤之,新川 達矢,山田 光穗、東海大学情報通信学部紀要,2012, Vol.5, No.2

48"Development of a measuring of movement of gaze and hand" K. Kikuchi, H. Takahira, R. Ishikawa, E. Wakamatsu, T. Shinkawa, M. Yamada, IEICE Trans. Fundamentals, vol.E97-A, no.2, Feb. 2014

49“Analysis of Gaze Movement while Reading E-books,”H. Takahira, R. Ishikawa, K. Kikuchi, T. Shinkawa, and M, Yamada, IEICE Trans. Fundamentals, vol.E97-A, no.2, Feb. 2014

50 "Toward Producing 3D Effects That Are Easily Viewed Without Eye Strain or Fatigue," Y. Shiratori, I. Takahashi, K. Sano, Y. Shibuta, M. Yamada, IEICE Trans. Fundamentals, vol.E97-A, no.2, pp.543-546, 2014.

51A System for Measuring Gaze Movement and Hand Movement Simultaneously for Hand-Held Devices,Hideaki Takahira, Kei Kikuchi, Mitsuho Yamada,IEICE Trans. Commun. E98.B(1), 51-61, 2015

52奥行き移動する視標に対する輻輳と調節応答の解析、横山優樹、高比良英朗、望月信哉、山田光穗,The Journal of the Institute of Television Engineers of Japan 69(10), J298-J305, 2015

53観視距離と視聴位置を変化させたときの視線分析、高比良英朗、望月信哉、山田光穗、信学会誌,Vol.J99-D,No.3,pp.-,Mar. 2016

54口唇動作を用いた英語発話トレーニング評価手法の提案、菅沼美由紀、山村知生、星野祐子、山田光穗、パーソナルコンピュータ利用技術学会論文誌   11(2) 8-20   2017年1月

55口唇動作と眼球運動を用いたパラランゲージによる疲労評価手法の検討、菅沼美由紀、黒澤勇樹、望月信哉、星野祐子、山田光穗、パーソナルコンピュータ利用技術学会論文誌   12(1) 7-19     2018年1月

56交通標識通過前後における注視中の眼球運動の分散についての検討、斎藤雄太、丸山大岳、山田光穗、パーソナルコンピュータ利用技術学会論文誌   12(1) 20-26       2018年1月

57Development of a new lines of sight analyzer while playing sport,Shinya Mochiduki, Miyuki Suganuma, Gaito Shoji, Mitsuho Yamada,Advances in Science, Technology and Engineering Systems Journal Vol. 2, No. 1, 167-171 (2017)

58How Effective is Using Lip Movement for Japanese Utterance Training,Miyuki Suganuma, Tomoki Yamamura, Yuko Hoshino, Mitsuho Yamada,Advances in Science, Technology and Engineering Systems Journal Vol. 2, No. 1, 227-233 (2017)

59Evaluation of Fatigue from 90-min Reading by Paralanguage Recognition and Gazing-Point Analysis,Miyuki Suganuma*, Saaya Urakabe, Ryota KuramochiShinya Mochiduki, Yuko Hoshino, Mitsuho Yamada,International Journal of Computers and Their Applications   24(2) 52-60   2018年1月

60MEASUREMENT OF ACCOMMODATION ANDCONVERGENCE EYE MOVEMENT WHEN A DISPLAY AND 3D MOVIE MOVE IN THE DEPTH DIRECTION SIMULTANEOUSLY,Shinya MOCHIDUKI, Yuki YOKOYAMA,Keigo SUKEGAWA, Hiroki SATO, Miyuki SUGANUMA,Mitsuho YAMADA,IEICE TRANS. FUNDAMENTALS   E101–A(2) 488-498   2018年2月

61Study on incongruence between binocular images when gazing at the rim of a column with equiluminance random dots,Shinya MOCHIDUKI, Reina WATANABE,Miyuki SUGANUMA, Hiroaki KUDO, Noboru OHNISHI,Mitsuho YAMADA,IEICE TRANS. FUNDAMENTALS   E101-A(6) 884-891   2018年6月

62Analysis of head movement during gaze movement with varied viewing distances and positions, Shinya MOCHIDUKI, Reina WATANABE,Hideaki TAKAHIRA, Mitsuho YAMADA,IEICE TRANS. FUNDAMENTALS   E101-A(6) 892-899   2018年6月

63
フレーム内のLEDを点滅できる雰囲気メガネを用いた運転中の注意変化の分析、丸山大岳、斎藤雄太、山田光穗、パーソナルコンピュータ利用技術学会論文誌 13(1)       2019


[著書]

1.眼球運動の実験心理学(9章:画像と眼球運動) 名古屋大学出版会 1993年5月10日 共著

2.視聴覚情報科学(2章 視覚のメカニズム) オーム社 1994年9月30日 共著

3.電子情報ディスプレイハンドブック(12章ホログラフィックディスプレイ)2001年7月10日共著

[特許]
 視覚情報分析装置 登録 特1704830ほか 120件


学術論文・著書・特許